おすすめの保険相談なら心置きなく質問することが可能

男の人

特殊な定期保険

レディ

解約のタイミングが重要

生命保険には大きく分けて二つの種類があります。保障が一生続く終身保険と、期間が決められている定期保険です。保険会社からみれば前者はいつか必ず保険金を払うことになるので保険料は高く、後者であれば期間外で保険金を払わない可能性が大きいので保険料を割安に設定しています。ところが法人向けに作られた逓増定期保険は特殊な保険です。定期保険でありながら保険料は割高になっているのです。なぜかというと、中途解約した際に受け取ることのできる解約返戻金が一般の生命保険よりも高額に設定されているからです。割高な保険料であるにも関わらず逓増定期保険に加入するメリットは、この保険商品が法人税の節税に繋がるからです。逓増定期保険は貯蓄性の高い保険であり、払う保険料のうち半分が経費として認められます。経費が増えれば会社の利益は減ることになり、納める法人税の額は少なくなるのです。個人加入の生命保険であっても年末調整で控除申告をすれば節税効果があります。しかし法人税の金額は個人の所得税とは比べ物にならないほど高額になるケースが多く、貯蓄をしながら節税できる逓増定期保険は魅力的なのです。ただし解約返戻金は税務上、会社の収入とみなされるので、受け取ったままにしていては節税になりません。同じ会計年度で解約返戻金と同程度の支出があれば、収益が相殺されて法人税は増えません。この仕組みを踏まえて計画的に逓増定期保険を利用しましょう。